SUBARU
SUBARU BELL 412PEX
開発ストーリートップ画像
開発ストーリートップ画像

開発ストーリー

事業にかける想い

“安心と愉しさ”という価値を提供することを掲げ、
本機を通じて日本と世界の人の笑顔を創っていきたい
橋本 勝久(新多用途ヘリコプター事業管理室長)

民間ビジネスから防衛ビジネスにまたがるチャレンジングな事業

民間ビジネスから防衛ビジネス

SUBARU BELL 412EPX量産事業は当社の航空宇宙カンパニーの将来を見据える上で非常に重要な戦略的事業です。この機体は、非常に幅広い用途に適合することで、お客様のニーズを必ずや満たすことができるでしょう。

また、民間から防衛にわたる幅広い領域に取り組むという、これまでに経験のないチャレンジングな取り組みだと考えています。


412シリーズの最新型

SUBARU BELL 412EPXのベース機である412シリーズは災害時の捜索・救助や空中消火、物資輸送、監視等の任務においてすでに定評のあるベストセラー機体です。

SUBARUはこの機体を日本国内で製造し、国内外のお客様向けに引き渡しを行います。
特徴としては

  • 性能性及び安全性向上
  • 高い稼働率
  • 優れた整備性
  • 国産メリットを活用したアフターサポート体制

があげられます。

412シリーズの最新型

メインローターブレード


国際共同開発

国際共同開発

カナダにて地上耐久試験を実施(ベル社と共同開発)

SUBARU BELL 412EPXはSUBARUとベル社が国際共同開発した機体です。
世界のベストセラー機に当社のユニークな技術を入れ込んでさらに能力を向上させています。

SUBARUが世界にヘリコプターを販売するにあたり、アフターサポートや事業展開について、長年412シリーズを世界販売しているベル社と協力しながら万全の体制を構築します。


未経験の克服とこの機体にかける思い

本プロジェクトは国際共同開発、防需、民間同時開発というこれまでに例のない大きな事業です。調整先が多岐にわたる上に今までとは違ったまったく新しいスキームやルールを作る必要がありいろんな壁にぶつかりましたが、一致団結して乗り越えてきました。

SUBARU BELL 412EPXは自衛隊や警察、海上保安庁、消防などで使用するヘリコプターということで災害派遣や警備偵察などの第一線で国民の命と財産を守る機体です。そこに自分のキャリアとしてかかわれることに誇りと使命感を持って、絶対に成功させたいと考えています。

未経験の克服とこの機体にかける思い